--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2010.08.06

ご無沙汰しています。

さて、久しぶりにブログの更新などしてみようと思ったわけです。
これまで色々とあったのですが、比較的大きなできごととしてiPad購入があるわけで、この久々の更新もiPadで行ってみています。
スポンサーサイト


Posted at 23:32 | 雑感 | COM(5) | TB(0) |
2009.02.20

業務時間の生産性を上げる!?

ここ最近、毎朝1時間早めに出社するようにしています。
始業時間の1時間程度前にオフィスには到着しているということですね。

きっかけは上司の言葉。

夜の1時間は趣味や遊びに使えるが、朝の1時間は使いにくい


うん、確かに。
なるほどと納得できたので、早速試してみると、これはなかなかの効果があります。

例えば・・・
  • 午前中の仕事のはかどり方がぜんぜん違う
  • 退社の時間が早くなる
  • 時間を無駄にしたくないという感覚が鋭敏になる(気がする)

その反面、次のような欠点もある気がします。
  • お昼明け、または夕方ものすごい睡魔に襲われる
  • 朝のラッシュがものすごい
  • 同僚たちの視線が痛い(気がする)

まぁ、「睡魔」の件は、もっと早く寝ればいいということなのですがw
朝早く起きるようになったからといって、なかなかその分早く寝るというわけにもいかないものですね。
眠くなったときにコロっと寝てしまえばいいだけの話なのですが・・・

「同僚たちの視線が痛い」というのは、まさに気のせいかもしれません。
ボクだけかもしれませんが、朝1時間早く出社すると、出るのはだいたい2時間は早まるような気がします。
8時や9時まで仕事をするのは当たり前、みたいな職場ですので(それ自体どうかと思うのですが・・・)、7時ぐらいにプイっと帰ってしまうことは、やや気が引けるんです。
まあそれでも帰ってしまっていますがw

よく言われることではありますが、業務時間の生産性を上げるためには、小手先のテクニックを身につけるより先に1時間早く出社することが大切なんじゃないかと、そう思ったわけです。


Posted at 17:15 | 雑感 | COM(1) | TB(0) |
2008.08.27

どうしても集中できないときの処方箋

ご無沙汰しております、みなさまお元気でしょうか?

ところで、仕事、特に打合せや営業活動ではなくデスクワークをしているときに、どうしても作業に集中できないときってありませんか?
酷暑の影響も手伝ってか、どうも集中できないというときがあります。
そんなときにこうすれば何とかその場をやりきれるんじゃないか?という処方箋を独断と偏見で書きつづりたいと思います。

  • とりあえず休憩してしまう
  • 眠れない夜に、「寝なきゃ寝なきゃ!」と思うと余計に眠れなくなるのと同様に、やる気のない時にはやる気を出そうとしても、おそらく逆効果でしょう。
    というわけで、そこは割り切って休憩をしてしまいます。
    休憩といっても、気晴らしにネットをぼーっと見るなどはいただけません。
    気晴らしに夢中になってしまうおそれがあります。
    5~10分程度、「なにもしない」をしましょう。

  • 頭の中を空っぽにする
  • これは、言うは易行うは難しで、悟りでも開かない限り凡人ではなかなか難しいですね。
    そこで、凡人としては先人が考え出してくれたツールを使って少しでも頭の中を空っぽに近づけます。
    詳しくは、Getting Things Done【GTD】というエントリで書いた通りですが、GTDの手法を使ってとにかく頭の中にある様々な懸案事項を神やRTMなどのツールにはき出していきます。
    まぁ、この作業自体結構骨が折れるものなので、「めんどくせ」と思ったらやらなくてもいいでしょう。

  • とりあえず(15分)だけ集中してみる
  • これは覚悟を決めて作業を開始しようと思ったときに効くかもしれない処方箋ですね。
    15分というのは、私にとって丁度よい時間ということで、5分でも10分でもかまわないと思います。
    要は、作業を開始し調子に乗ってくる直前までの時間ということで、「あぁ、もうちょっとこの作業を続ければ波に乗れるのに」と思える時間です。
    「やる気は出ないけど、まあこの程度の時間ならやってやってもいいか。(15分)やったらまた休憩すればいいし」と思えるような時間を設定できるといいかもしれません。

  • やる気が出る(ような気になれる)グッズを用意する
  • 人間の心理は、意外と適当なもののようで、「自分を騙すこと」によってやる気が出たような錯覚に陥ることができるようです。
    私だけかもしれませんが、何か作業をしようと思うとき、最初の起ち上がりに最もエネルギーが必要で、ある程度乗ってくれば2時間でも3時間でも集中できたりします。
    そこで、起動を手助けするような何かがあると、随分楽になります。
    私にとってのそれはメガネで、普段かけないメガネをかけると、なぜか集中できるような気がします。完全に気のせいなのですがいいのです。

というわけで、とりあえず休憩してきますか・・・

Posted at 15:08 | 雑感 | COM(4) | TB(0) |
2008.06.24

家庭向けに補助金検討=太陽光発電の普及促進-経産省

環境問題は、われわれが解決しなければならないもっとも大きな課題の1つだと思います。

でも、なんだか国を挙げて「国民1人1人がエコの意識を高めるべき」といったMicroな視点からの議論が多すぎて・・・。

こういった精神論ではなく、エコを推進することが利益につながるといった仕組みが必要なんじゃないかと、ずいぶん前から考えていました。

そこでこの記事ですよ。

家庭向けに補助金検討=太陽光発電の普及促進-経産省
経済産業省は24日、総合資源エネルギー調査会(経産相の諮問機関)の部会で、地球温暖化対策として、二酸化炭素(CO 2)を排出しない太陽光発電の普及促進に取り組む方針を示した。一般家庭が設備を取り付ける際、費用を一部補助することなどを検討。現在は1戸当たり約230万円に上る導入費用を、3―5年以内に半額程度まで抑えたい考えだ。
Yahooニュース(時事通信)2008年6月24日

例えば、住宅の壁や屋根にソーラー発電できる素材を導入し、そこで発電した電気を地下にあるバッテリーかなにかに蓄積できればよくはないですか?
家庭の電気代がゼロになるだけではなく、余剰電力を向上や電力会社に売却することでちょっとした収益も図れるとか。

さらに、電気自動車もこのバッテリーの電気を使って充電できればいいですよねぇ。
この充電も、電気自動車にプラグをさして充電なんて野暮ったいことはせず、車庫に駐車するだけで充電できる仕組みがいいです。
SUICAやPASUMOで使われている技術を応用すれば、できないことはないでしょう。

ただ、これやっちゃうと電力会社は電力の供給以外のドメインを開拓しなきゃならなくなるでしょうねぇ。
あと、ガソリンを扱う商社にとってもよろしくないかも。
意外と、本当にエコに役立つ仕組みを阻害しているのは・・・政府や企業なのかも・・・考えすぎですかね。

エコ関連でもうひとつ。

世界最大級の太陽光発電「メガソーラー発電計画」をシャープ・関西電力・堺市が共同で推進
堺市、関西電力株式会社、シャープ株式会社は本日、大阪府堺市臨海部におけるメガソーラー発電計画を共同で推進することに合意したとのこと。これは薄膜シリコン太陽電池モジュールを採用し、合計で約28MW(約2.8万kW)となり、世界最大級の太陽光発電規模だそうです。
GIGAZINE 2008年6月23日
http://gigazine.net/index.php?/news/comments/20080623_mega_solar/

こういうのも好きだなぁ。

シャープが液晶パネルの生産を亀山工場で行っている関係で、堺でこのような取り組みが可能になったんでしょうかね。

これを応用すれば、例えば途上国での発電施設として利用できませんかね?
アフリカとか南米とか、赤道直下の国々では、太陽光が大きな資源として利用可能でしょう。

ボクたち1人1人が実践するエコもいいですけど、こういうダイナミックな取り組みを促進していって欲しいモノです。

Posted at 21:28 | 雑感 | COM(4) | TB(0) |
2008.06.23

ブログテンプレートを変更しました

先日、気分を変えるためにブログのテンプレートを変更してみました。

以前に比べ、随分とカラフルな印象になったかと思いますw

このテンプレートは序曲さんのところからお借りして使っています。
少し手を加えましたけど・・・。

前から、左にメインカラム、右2列にプラグイン用のサブカラムをいう構成の3カラムテンプレートはないものかと探していたところなので、とても気に入っています。

サブカラムの左の列には、「最近の記事」、「最近のコメント」、「最近のトラックバック」が表示されます。

また、サブカラム右の列には、次のプラグインが表示されています。
  • 検索フォーム
  • このブログ内で何か検索したい時に使用します。
    おそらくボクが一番使っていると思いますw

  • [PR]
  • このブログのスポンサー様のバナーです。
    トラフィックゲートが提供するTGアフィリエイトに参加しています。

  • カテゴリー
  • このブログの記事をカテゴリに分類したものです。多分に主観的なものになっていますw

  • RSSリーダーに登録
  • このブログを1クリックでお使いのRSSリーダーに登録していただけるよう、各RSSサービスのボタンを設置しています。RSSリーダーを使っておられる方は、登録していただけるとありがたいです。
    RSSリーダーってなんだべ?という方は、RSSリーダー(RSSアグリゲーター,フィードリーダー)についてを参考にしていただけると嬉しいです。

  • BlogPeople
  • BlogPeopleは、ブロガー同士のネットワークを構築したり、ブログ間のつながりを作り出すサービスです。

    BlogPeople

    ここで表示されているのは、BlogPeopleのソーシャルブックマーク(といってもいいかな)にボクが登録したブックマークです。主にリンク集として利用しています。

  • あわせて読みたい
  • あわせて読みたいには、ボクのブログ読者が読んでいるブログが表示されています。

    あわせて読みたい

    このブログと似たようなテーマを扱うブログが見つかるかもしれません。

  • プロフィール
  • お恥ずかしながら、ボクのプロフィールです。
    あんまり見つめないでください、恥ずかしいのでw

  • メールフォーム
  • メールフォームです。
    ここのメールフォームを通じて送っていただいたメールは、あらかじめ設定されたメールアドレス(ボクはGmailのアドレスを設定しています)に送信されます。
    コメント欄では書きにくいことなどを送っていただければと思います。

  • QRコード
  • QRコードを読み取れる携帯電話などで読み込めば、このブログを携帯で読むことができるようになります。
    通勤通学のお供に、このブログをどうぞw

基本的に、しばらくこのテンプレートで運用してみようと思っています。
若干、メインカラム内の文字(本文)が小さいかなぁー、と思っていますので、ここはそのうち変えるかもしれません。

というわけで、これからもどうぞよろしくです。

Posted at 21:03 | 雑感 | COM(0) | TB(0) |
2008.06.16

ストーカー規制法違反罪・下山被告の弾劾裁判申し立て

ストーカーの恐怖や卑劣さには同情の余地もありませんが・・・

ストーカー規制法違反罪・下山被告の弾劾裁判申し立て
女性にメールを執拗(しつよう)に送ったとして、ストーカー規制法違反の罪で起訴された宇都宮地裁判事、下山芳晴被告(55)について、最高裁は16日、臨時の裁判官会議を開き、国会の裁判官訴追委員会(委員長・臼井日出男衆院議員)に対し、下山被告の罷免を求めて弾劾裁判にかけるよう申し立てた。(中略)
下山被告は甲府地家裁都留支部長だった今年2~3月、山梨県内の20歳代の裁判所職員に対し、恋愛感情を満たす目的で、嫌悪感を抱かせるような内容のメールを16回送りつけたとして、甲府地裁に起訴された。
2008年6月16日YOMIURI ONLINE

嫌悪感を抱かせるような内容のメールがどのようなものだったのかは、まったくわかりませんが、恋愛感情を充たす目的メールを16回送るって、意外と誰でもやるんじゃないかな・・・。

おちおち恋もできませんね。

Posted at 22:21 | 雑感 | COM(2) | TB(0) |
2008.06.12

「尊敬できない」「なら職変えて」橋下知事と職員バトル

随分とブログを放置してしまいましたね。
まさか、自分の本業ともっとも密接な関係にあるこのブログを1ヶ月も放置してしまうとは・・・。

しばらくかなり忙しかったというのもあるのですが、エントリの質を高めなきゃという勝手なプレッシャーに押しつぶされていたというのも理由の1つですw
ちょっと肩の力抜いていこうかなと思い直して、再びボチボチとエントリを入れます。
宜しくお願いいたします。

ところで標題の記事。
「尊敬できない」「なら職変えて」
橋下知事と職員バトル「橋下さんは尊敬できない」「ならば職を変えて下さって結構」――。大阪府庁で12日朝開かれた「知事と職員の集い」で橋下徹知事と職員がやり合う一幕があった。(中略)
さらに橋下知事の政治手法に「ことあるごとに『自分は選挙で選ばれた府民の代表者』といって正当化する。橋下さんは人として尊敬できない」とまくし立てたという。 これに対し、橋下知事も反論。「ここは団体交渉の場ではない。上司に対するものの言い方もある。私のやり方があなたの意に沿わなければ、職を変えてくださって結構です」と切りかえしたという。
asahi.com2008年6月12日

すごいですね。大阪のパワーというか・・・。

橋下知事の政治手法に「ことあるごとに『自分は選挙で選ばれた府民の代表者』といって正当化する。橋下さんは人として尊敬できない」とまくし立てたという。

知事って、その自治体の職員にとって社長みたいなものなんですよね?

つまりこういうことでしょうか。

橋下社長の経営手法に「ことあるごとに『自分は株主に選ばれた会社(株主)の代表者』といって正当化する。橋下さんは人として尊敬できない」とまくし立てたという。

一度でいいから、面と向かって社長にこんなこといってみたいものですよw

「人として尊敬できない」って、すごいねw

リストラの荒らしが吹き荒れる不安の中、自暴自棄になってるんでしょうか?
それとも、大阪府の職員の方の一般的なやり方なのでしょうか。
ちょっと、大人としての常識を欠いているのではないか・・・そう思ってしまいました。

皆さんは、どう思われますか?

Posted at 21:20 | 雑感 | COM(0) | TB(0) |
2008.05.12

たまには立ち止まって「なんのために?」を考えてみる。

世の中には、LifehackやHow toの情報があふれていますね。

ネットや書籍でそのような情報に接すると、あとで読むでデジタルスクラップしたり、メモ帳に書き留めたりします。

そこで得られる情報って

スキマ時間の有効活用法
効率的な業務の進め方
お金の節約術
上手なクローゼットの収納方法

とか・・・。

こういうものを目にすると、なんだかお得な情報を得たような気がしませんか?

私はそういった情報が大好きなタチで、見つけるたびにストックしていますし、その中でも特によさそうなものはこのブログでも皆さんにご紹介しています。

でもさ

たまに疑問がわいてくるんですよね。

例えば、スキマ時間の有効活用法なんていうLifehackでは、電車の待ち時間や打ち合わせの間の10分~15分程度のスキマ時間を活用して、何か生産的なことをしてみる。そうした積み重ねによって、1年後、5年後、10年後に大きな差が生じる。
なんてことが言われたりします。

すごくわかります。

理屈の上では、まったくおっしゃるとおりで。私もいくつか実行しているものがあったりします。

これはこれでいいのですが、たまには息抜きをしたくなりますよね。
そんなときは、スキマの時間にマンガを読んだり、ゲームをしたり、通りすがりの美人に見とれてみたり(あんまりジロジロは見ないほうがいいかもしれませんけどねw)。
それで次の打ち合わせのときにフル稼働できたりすれば、それはそれでいいんだよなぁ・・・と。

結局、LifehacやHow toはWhat(なにを)やWhy(なんのために)については何も語らずに、ひたすらHow(どうやって)を追及していくものなんですよね。
Howに追い立てられるようにしてすごしているうちにWhatやWhyを忘れてしまうと、今の私のようにいい年して五月病になってしまいますよ・・・という取り留めのないエントリでしたw

Posted at 21:32 | 雑感 | COM(2) | TB(0) |
2008.04.24

"忙しい"ことと"やりたいことをする"ことは両立できないのか?

最近、"忙しくて"なかなかブログの更新ができません。
という言葉はいろいろなところで目にしますし、自分でも更新できないことの言い訳として自分に言い聞かせることが多いです。

これは、ブログの更新に限ったことではなく、例えば・・・
  • 英語の勉強をしたいと思っているけど、なかなか時間がなくて・・・
  • イイビジネスのアイデアがあるんだけど、企画書に落とし込めていない(だって、暇がないんだもん)
  • 最近ちょっと太ってきたなぁ・・・運動しなきゃいけないんだけど・・・(そんな暇ないし)


心当たりはありませんか?

私はありますw

この問題は、おそらくいつの時代も人々を悩ますものだったのだと思います。
だって、この問題に対する特効薬となり得るものが公表されていませんものね。

世の中にたくさん出回っている「時間管理術」は、1つのヒントにはなるかも知れません。
このような時間管理術の背後にある考え方は
  1. やりたいことがたくさんあるのに時間がない
  2. "忙しさ"の要素を分析しよう
  3. 本当はやらなくて良いことに忙殺されていることが判明する(かもしれない)
  4. だったら、無駄を省いて時間を捻出しよう
ということだと思われます。

いわば、「効率化によって時間を捻出し、”創造"した時間を使ってやりたいことをする」というアプローチであるといえます。

このアプローチは、私をはじめとするサラリーマン(としてのビジネスマン)にとっては有益な考え方であると思われます。

企業の従業員は、毎月一定額の給料などが保証されている代償として、一日の大半の時間をその会社のために拘束されています。従業員が、定時時間(業務時間)を勝手に変更することは難しいので、どうしても業務を効率化して残業時間を減らすといった方向に行かざるをえません。

これに対して、拘束される時間が比較的短い場合はどうでしょう。

例えば、独立して1人で事業を興した場合。

そのような場合であっても、もちろん業務の効率化などによって使える時間を創造することは重要です。このことは、企業の従業員として働くサラリーマンよりも深刻といえるかも知れません。

ただ、このような場合は「業務の効率化」のほかに、もうひとつ重要な視点があるような気がします。
それは、

やりたいことを仕事にしていく工夫

つまり、本来的な業務(しなければならないこと)と、時間があればやりたいことを二者択一のものとして捉えるのではなく、それらを同時に達成できる方法(一挙両得)はないか?と考える視点が重要ではないかと。

このことは、ビジョナリー・カンパニー ― 時代を超える生存の原則において、「ORの圧力ではなく、ANDの才能を重視すべし」と表現されています。

例えば、英語を勉強したいのにそのための時間がとれないのであれば、翻訳の仕事を請け負ってしまうとか。
もちろん、英語のスキルに自信がなければ、できる人に再委託しても良いでしょう(むろん最終成果物についての責任は自ら負わなければなりませんが)。
再委託先から納品されたものと、元原稿をチェックすることでも、十分英語のスキル向上に役立つのではないでしょうか。

ビジョナリー・カンパニー ― 時代を超える生存の原則
ビジョナリー・カンパニー ― 時代を超える生存の原則ジェームズ・C. コリンズ ジェリー・I. ポラス James C. Collins


おすすめ平均 star
star大事にすべきは基本理念
star良書です
star理念
star企業理念の重要性を理解
star21世紀のビジョナリーへ

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


Posted at 21:56 | 雑感 | COM(4) | TB(0) |
2008.03.31

長文のブログを読みやすくするための工夫

また、ずいぶんとご無沙汰してしまいました。
今日で2007年度も終了です。明日から新しい年度の始まりですね。
明日から新入社員として初出社をするという方もいらっしゃるでしょうし、逆に新入社員を迎えるという方も大勢いらっしゃるのでしょうね。

そんな年度の変わり目ということもあり、このブログを書いていくについて改めて諸々の考えをまとめておこうかと思います。
「ひとりごと」のようなものですので、お時間のある方は、肩の力を抜いて読んでいただければ幸いです(いつも肩の凝る内容ばかりですからねw)

  • ブログのテーマ(Blogline)について

  • ブログには、それぞれに扱うテーマがあると思います。
    中には、特定のテーマを掲げず日々の出来事やそれらを通じて筆者が感じたことなどをつづるものもあるかと思いますが、その場合には「日々の出来事をつづる」ことがテーマになるのでしょうね。

    そして、このブログのテーマはブログタイトルの下に記載されているように
    1. ビジネス法務関連ニュースのご紹介
    2. 著作権情報のご紹介
    3. lifehackのご紹介
    4. 便利なWEBサービスのご紹介
    です。

    これらをご覧になると取り留めのない内容が羅列されているようにも思われるかもしれませんが、これらの根底には共通のある1つの大きなテーマを念頭においています。

    企業の経営者またはビジネスに携わる方々(特に営業のご担当者)にとって役立つ情報を提供するということです。

    企業経営者や営業のご担当者の方々にとって、ビジネスに関する法律の重要性は大きなものです。これだけ企業不祥事が大きく取りざたされるようになり、コンプライアンスが声高に叫ばれている昨今にあっては、企業経営や営業に携わる方にとってこそ法律の内容を理解することが重要なはずですが、なかなかそこまで手が回らないのが現状ではないでしょうか。
    そのような忙しい企業経営者や営業担当者の方が、ニュースとして報道されるイロイロな事件を題材に法律の内容を知るきっかけにしていただければという意識でエントリを書いています。著作権については、そういったビジネス法務分野においても、とりわけわかりにくく、それでいてリスクの高い分野だと考えておりますので、特に1つのカテゴリとして扱っています(最近はあまり取り上げていませんが^^;)。

  • 見出しをつける

  • どこかで見たことがあるのですが、長文のブログは、それだけで読むのを避けられてしまうらしいです。
    特に、私のブログのような情報発信系ブログには、基本的にGoogleやYahooなどの検索を経て訪問していただいているようです。ということは、このブログに訪問してくださる方の多くは、何かを調べている過程でこのブログを訪問しているといえます。

    そのような方々が、このブログをぱっとご覧になったときにダラダラと文章が続くものであったときは、仮にその文章の中にご自身の知りたいことが書いてあったとしても、果たしてじっくりと熟読していただけるでしょうか?

    私が調べ物をしている立場であれば、そのような文章だらけのブログから立ち去ってしまうでしょう。

    とはいえ、ある程度以上の内容をエントリに含めようとすれば、どうしても長文になってしまいます。

    そこで、他のブログでも取り入れられているテクニックではありますが、長文を読んでいただくための工夫として次の事項を肝に銘じるべきでしょう。

    文章のまとまりごとに見出しをつける

    新聞が良い例ですが、新聞には見出しがつけられています。それも、記事取扱いに応じて見出しの大きさを変えて。

    私たちは、多くの文字情報が掲載されたコンテンツを見るときに、まずはざっと見出しを斜め読みする習慣がありますね?
    そのような多くの人の習慣に添った形でブログコンテンツを作成すれば、訪問してくださった方々にとって使いやすいブログになると思われます。

    これは、これまであまり意識してこなかった点なのですが、これからはなるべく長文のエントリに見出しをつけていきたいと思います。

  • 余白を多くもうける

  • これも長文を読みやすくする工夫といえるかもしれません。
    ちょっと意識するだけで、長文ブログがぐっと読みやすくなるといえるでしょう。

  • 箇条書きを多用する

  • 受験勉強などで、誰でも経験があるかもしれませんが、何かを理解したり記憶したりするときに、誰でも物事をなるべく小さな要素に分解するということをするのではないでしょうか。

    例えば、不正競争防止法に規定する営業秘密というものを理解するときに、その条文上の定義をそのまま読むよりも、その定義を覚えやすい大きさの要素に分解して箇条書きにしたほうが覚えやすいでしょう。

    営業秘密の定義(不正競争防止法2条1項6号
    営業秘密とは、秘密として管理されている生産方法、販売方法その他の事業活動に有用な技術上または営業上の情報であって、公然と知られていないもの

    営業秘密とは
    1. 秘密管理性
    2. 秘密として管理されている
    3. 事業活動に有用な情報
    4. (生産方法、販売方法等の)事業活動に有用な技術上または営業上の情報
    5. 秘密性
    6. 公然と知られていないもの

    どうでしょう?箇条書きにしたほうがわかりやすいですね?


ということで、以上のことをここで再度認識しなおして、これからブログを書いていきたいと思います。

Posted at 23:54 | 雑感 | COM(6) | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。