--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2007.12.25

映画「シェーン」の著作権は03年末に消滅、最高裁判決

報道されたのは1週間も前のことですが、パラマウント社製作の映画「シェーン」の著作権が消滅しているのか存続しているのかについて争っていた裁判に決着がついたようです。
映画「シェーン」の著作権は03年末に消滅、最高裁判決
1953年に公開された映画「シェーン」の廉価版DVDの販売を巡り、米国の映画会社「パラマウント・ピクチャーズ・コーポレーション」など2社が、著作権を侵害されたとして、東京都内の廉価版DVD制作会社など2社を相手取り、販売差し止めなどを求めた訴訟の上告審判決が18日、最高裁第3小法廷であった。(中略)
判決によると、改正前の著作権法では、著作権の保護期間は映画の公開後50年間と定められ、「シェーン」の著作権は2003年12月31日で切れるはずだった。しかし、翌04年1月に、映画の著作権を70年間とする改正著作権法が施行された。
文化庁は「12月31日の終わりと1月1日の始まりは連続している」との理由から、「53年公開映画の保護期間も70年間まで延長される」との見解を示し、パラマウント側もこの見解に立った主張をしていたが、判決は同庁の見解は誤りと指摘した。
YOMIURI ONLINE 2007年12月18日
スポンサーサイト
続きを読む

Posted at 23:16 | 著作権 | COM(0) | TB(0) |
2007.12.25

時間など作らなければできない

といっても、限度ってものがありますよねw

前にも書いたかもしれませんが、「忙しい」を連呼するのは好きではありません。でも、ちょっとここ数年でまれに見る時間のなさです。

が、しかし!

今日、小1時間ブログに向かう時間を捻出できましたので、この時間でいったいいくつのエントリを書くことができるかに挑戦してみたいと思いますw

Posted at 22:03 | 雑感 | COM(2) | TB(0) |
2007.12.09

11月のビジネス法務関連ニュース(後半)

12月も中旬にさしかかろうというこのタイミングで11月のニュースをまとめるのもどうかと思いますが・・・
前半だけで尻切れになってしまっては目覚めが悪いのでw

ただ、11月後半はあまり法務関連ニュースが多くなかったような気がします。
相変わらず、食品表示の偽装事件は報道されていますが、どうも重箱の隅をつつくようなものが多いような気がしてなりません。

この点は、私がブログを始めた頃から懇意にしていただいている新橋系というブログで西内氏も指摘している通り(偽装問題は費用対効果の視点で)、「ルールを守ることを自己目的化してはならない」という主張に同感です。消費者を欺く行為が批判されるべきものであるとしても、そのために「食べられるものを粗末に扱う」ことを正当化するルールを突き進めるのは危険だと思います。

ま、それはそれとして11月の法務関連ニュースの後半をお届けしたいと思います。 続きを読む

2007.12.06

コンプライアンスに夢中になれない理由

師走に入り、寒い日が続いておりますが皆様いかがお過ごしですか?
私はどうにも忙しい日々が続いております。
あんまり「忙しい忙しい」と言うのは好きではないのですが、12月に入るか入らないかぐらいから、大きなプロジェクトが立て続けに発生し、追いかけるだけで精一杯の毎日です。

11月のビジネス法務記事(後半)を少しずつ書いてはいるのですが、なかなか大変です。勝手に始めたことではあるのですがw

でも、こうしてあとで読むでスクラップしたビジネス法務関連の記事を概観していますと、いわゆるコンプライアンスの重要性が声高に叫ばれている割には、企業(だけじゃありませんけど)の不祥事が後を絶たないのはなぜなんだろうと考えてしまいます。

ということで、ここでは「なぜ人はコンプライアンスに夢中になれないか」ということを考えてみようと思っています。 続きを読む

2007.12.01

11月のビジネス法務関連ニュース(前半)

いつのまにか霜月が終わり、師走がきてしまいました。
これからどんどん忙しくなってきますよ。そこはGTDで乗り切るしかないわけですが。

ところで、月末だから蔵出しというわけではないのですが、あとで読むにてスクラップしたものの、エントリできなかったビジネス法務関連記事を一気に放出したいと思います。 続きを読む

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。