--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2007.09.21

RSSリーダー(RSSアグリゲーター,フィードリーダー)について

既にご存知の方が多いかと思いますが、ここではRSSリーダー(RSSアグリゲーターとかフィードリーダーと呼ばれることがあります)について書いてみたいと思います。

そもそも「RSSってなに?」「フィードってなに?」といったことについては、既に多くのサイトで技術的なことから利用法まで色々と解説されています。詳しくは、Wikipediaの該当ページをご参照ください(って、ちょっと無責任か・・)

RSS
フィードリーダー

まぁ、ぶっちゃけ、ワタシはその技術的なことについてはほとんどわかりません。
わかりませんが、感覚的にどのように使うのか?これを使うとどう便利なのか?についてを中心に書いてみたいと思います。

■RSSリーダーはなにが便利か?

RSSリーダーを利用する利点は、ブログやニュースサイトの更新の有無を一括管理できるという点に尽きると思います。
つまり例えば、毎日チェックしているブログやニュースサイトを見て回るには、
  1. チェックしたいサイトをブラウザにブックマークする
  2. ブラウザのブックマーク機能により個々のサイトにアクセスする
  3. そのサイトが更新されているか考える
  4. 更新されていれば最新記事を読み、そうでなければ次のサイトへ

といった手順を踏むことになるでしょう。

RSSリーダーは、このような手間を省き、チェックしたいサイトを一覧にし、かつ更新の有無を一目でわかるようにしてくれるものなのです。

■RSSリーダーにはどのようなものがあるか?
RSSリーダーは、大きく次のように分類できるようです(Wikipedia:フィードリーダーを参考にしました)。

  • デスクトップアプリケーション型
  • RSSリーダーを独立したアプリケーションとしてPCにインストールするものです。

  • ウェブアプリケーション型
  • 「はてな」や「ライブドア」など、RSSリーダー機能を提供しているWEBサイトにRSSを登録して利用するものです。このタイプは、専用のWEBサイトにアクセスしなければ登録されたコンテンツを閲覧することができません。ただ、それだけにWEBにアクセスできる環境であれば、「どこでRSS登録したか」を問わず、どこでもその内容を閲覧することができます。

    当ブログのRSS配信については、サイドバー上に掲げてあるWEBサイトのボタンをクリックすれば、それぞれのRSSリーダーに簡単に登録することができます。以下にそのボタンを掲載してみます(サイドバー上にあるものと同じですが・・・)。

    はてなRSSへ追加


    My Yahooへ追加


    Livedoorへ追加


    gooへ追加


    Google Readerへ追加


    購読する Bloglines


    Powered by FeedBurner



  • プラグイン・拡張機能型
  • FirefoxやInternetExplorerのようなブラウザやメーラーに機能を付加してRSSリーダーとして機能させられるものです。
    まさに様々なタイプのものが公開されていますが、ここではFirefoxのアドオンとして公開されている「Sage(セージ)」をご紹介します。

    Sageのインストールページ

    FirefoxにSageをインストールすると、Firefoxのアドレスバーの左側に葉っぱのマークのSageボタン(と、正式にどういうかはわかりませんがw)が生成され、そのボタンをクリックすると、ブラウザの左側にSageのサイドバーが表示されます。サイドバーは上下に分かれており、その上部に登録したサイトの一覧が、下部に選択した登録サイトにおける配信記事の一覧が表示されます。
    登録サイト一覧のさらに上部には、「更新ボタン」と「検索ボタン」の二つのボタンが配置され、更新ボタンをクリックすると、各登録サイトのうち更新のあったものは太字で、そうでないものは細字のまま表示されます。つまり、最後にそれぞれのサイトを閲覧したときから、更新のあったものとそうでないものが一目でわかるように表示されるのです。
    さらに、WEBブラウズをしていて「定期的に読みたいブログ」などがあったときは、上記の「検索ボタン」をクリックすれば、そのブログ等のサイトが公表しているフィードを自動的に検索してくれます。Sageに登録するときは、検索で見つかったフィードを「追加」することで一覧に追加されます。


このようにRSSリーダーを利用すると、定期的にチェックしたいサイトの更新状況などを一括管理でき、非常に便利です。

ただ、例えばasahi.comやNIKKEI NETなどのニュースサイトもRSSフィードを配信していますが、個人的にはこのようなニュースサイトは購読の対象外としています。更新が頻繁すぎるからです。
RSSリーダーの利点の一つが、更新の有無を簡単に確認できる点にあるとすると、これらのニュースサイトをRSSリーダーに登録したとしても、更新の有無をチェックする頻度にもよりますが、常に更新があったものと表示されてしまいます。これは意外と煩雑なんですね。
ですから、ワタシはこれらのニュースサイトについては、Firefoxのタブで常に開いた状態にしておいて、30分間隔で自動更新をかけています(アクセス過多の原因になるのであんまり頻繁だと問題ですが・・・)。なんでもかんでもRSSリーダーで管理するのではなく、それぞれのサイトの特性に応じた管理が必要になるんじゃないかと思いますね。

まだRSSリーダーを導入されていない方がいらっしゃれば、この機会に導入してみてはいかがでしょうか。情報収集に大きな違いが出てくると思われます。

この記事へのトラックバックURL
http://hirotakataki.blog54.fc2.com/tb.php/127-a668b0bf
この記事へのトラックバック
RSSのことを簡単に説明したページです。ブログから発信される情報の収集は、RSSリーダーというものを使えば効率よく行えます。
RSSの超基礎 | ホームページ作成のテツガク at 2008.05.07 15:16
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。