--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2007.09.24

JALプライベートリゾートオクマ

9月19日(水)から23日(日)までの5日間、沖縄本島の最北部にあるJALプライベートリゾートオクマに滞在してきました。



17日のエントリ(沖縄と台風)でも書きましたが、出発の前日には台風12号が石垣島上空を台湾方面に通過中で、天気予報は19日・20日ともに曇り時々雨。週末まで海はお預けかと覚悟を決めていました。
ところが、那覇空港に到着してみると(雲はやや多いものの)晴れ。天気予報も連日晴れに変わっていました。ラッキーでしたね。



■客室
JALプライベートリゾートオクマには、(スイートを除いて)4種類の客室が用意されています。
  • グランドコテージ【2006年ステイ】
  • 非常に高級感のある調度、広いベッドにソファが印象的な客室です。
    昨年(2006年)にステイしましたが、客室に入ったとたんに思わず感嘆の声を上げてしまいました。本当にゆったりとした時間をすごすことができると思います。お子様をお連れの方もいいですが、どちらかというとカップルで泊まりたい部屋だと思いますね。
    但し、やや値が張ります。ツアーで予約する場合には、通常料金にくわえ4000~5000/1泊の追加料金がかかるようです。

  • ガーデンヴィラ【未ステイ】
  • この客室は、まだステイしたことがありません。でも、グランドコテージと同じ敷地にたっぷりとした間隔を置いてコテージが建てられており、屋外にサマーベッドなどを設置してゆったりとくつろぐ人たちを見たことがあります。
    すべて平屋のコテージですので、外から見られてしまう恐れはありますが、スグに外に出られる感じは、お子様には喜ばれるんじゃないでしょうか。家族連れの方にお勧めな感じです。

  • メインコテージ【未ステイ】
  • 後述するパームコテージと同じレベル(値段など)の客室で、客室内はおそらくパームコテージと同じような感じなんじゃないかな。ステイしたことがないから詳細はわかりませんが。
    ただ、その立地がパームコテージとは根本的に異なります。
    フロントのある建物から最も遠い場所に位置していますが、グランドコテージやガーデンヴィラと同じ敷地に建てられているため、客室からビーチに向かう際の景色に癒されます。非常に広々とした芝生の敷地をのんびりと散歩しているだけで、リゾート感覚を味わえるんじゃないでしょうか。
    今年は、ココだったらいいなと思っていましたが、結局パームコテージになりました。残念。

  • パームコテージ【2005年・2007年ステイ】
  • まぁ一般的な客室といえるでしょう。それほど広さもありませんし、調度もきわめて一般的です。
    今回はココにステイすることになりました。グランドコテージにステイすることも検討しましたが、昼間はほとんどビーチにいますし、夜は夜で方々に飲み歩くことになるだろうし、部屋にいるのは寝るときぐらいだろうということで、今回は客室にはお金をかけないということになりました。部屋に滞在する時間が短くなる予定の方であれば、このパームコテージで十分だと思います。
    ただ、一点だけ難をいえば、パームコテージの建物の立地がフロントをはさんでグランドコテージやガーデンヴィラとは反対側にあり、部屋を出てからビーチやフロントまで歩いたときの気持ちよさは味わえません。建物を出てすぐアスファルトの通路があり、ビーチまで歩いても、視界が開けることもなく、やや窮屈な感じがしないでもありません。


■アクセス
ほとんどの人が那覇でレンタカーを手配して車で移動することになるのでしょう。沖縄自動車道から国道58号線をひたすら北上すれば、オクマに到着できるでしょう。所要時間はおよそ2時間です。
沖縄の観光スポットはほとんど那覇からオクマまでの間にありますから、観光をしながらオクマを目指すことも可能です。例えば美ら海水族館に立ち寄ってから夕方オクマにチェックインするなど。

しかしですね、私は今回、あえてレンタカーを手配せず、昨年利用した那覇空港からオクマ直行のバスを利用しようと思っていました。
ところが、直行バスはJALツアーズにて予約をしたお客さんしか利用できないということで(但し、来年にはこのバスは廃止されるようです)、高速バス+路線バスでオクマまでという、通常はありえないルートで行きました。疲れました・・・
高速バスは、沖縄自動車道に入ってから頻繁にバス停に停車。名護バスターミナルまで約2時間の道程。そこから路線バスに乗り換えてオクマまで1時間。正確にはオクマの近くのバス停で降りて、オクマの方に迎えに来てもらいました。この行きかたはちょっとお勧めできません・・・。

結局、帰りは那覇乗り捨てでレンタカーを手配し、車で帰りました。もし、滞在中に車を使う予定がないため、全日程で車を借りるのがもったいないという方は、行きにオクマ乗り捨てで那覇で車を借り(乗り捨て手数料は1050円だそうです)、帰りも同様にオクマから那覇までのみ借りるという方法がよろしいかと。次にいくときはそうしようと思います・・・。

■レストランなど
今回、5日間の滞在中、一度もオクマ内のレストランを利用しませんでした。
これまで、何度かオクマ内のレストランを利用したことがありますが、特に味がよくないとかサービスが悪いということはありません。むしろどちらもすばらしいといえるでしょう。

ただ、ワタシがわざわざオクマまで行くのは、なるべく現地の方々が利用するような、素朴な飲食店で食事をしたいというのがあるためでして、すべて外の飲食店を利用しました。この点は、別のエントリにて個別にご紹介します。

さて、5日間オクマですごしてきましたが、本当にのんびりできました。幸い、天候にも恵まれ、ビーチで寝て、海に浮かんで寝て。「なにもしない」を満喫してきました。

この記事へのトラックバックURL
http://hirotakataki.blog54.fc2.com/tb.php/130-84064968
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。