--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2006.08.11

アイデアの創造とそのビジネス化のために(第一歩)

独創的なIDEAをビジネスに発展させていけたらいいなと、ずっと考えてた(今も考えてる)。

既存の仕事の精度を上げたり、よりよいものに工夫していくことも大事だけど、新しいプロジェクトの立ち上げから運営までに携わってみたい。前のエントリーでも書いたけど、Blogの開始によって以前よりも世の中の動きに対するアンテナ感度が上がった気がする。

ところで、IDEA創造について興味深いエントリーを発見した。
リンクを張らせていただいたが、新橋系というBlog。ここのアイデアは個人からしか生まれないというエントリーは、まったくその通りだと思う。

アイデアを生み出すのはあくまで個人であり、アイデアを生み出せない人が100人集まったところで何も生み出せない。

至言である。

ただ、企業の中にあってIDEAをプロジェクトにまで発展させるためには、おそらく独創的な人材のみでは足りないだろう。そのアイデアの良さ、会社にとってのメリットなどについて上司を説得できなければならない。会社のゼニとリスクで自分のアイデアを形にしようとする以上、決定権限のある上司を巻き込む必要がある。これがナカナカ難しい。

独創的なIDEAは、その考えのオリジナリティが高ければ高いほど、現在主流となっているビジネスモデルからかけ離れている可能性が高い。そして、上司の頭というものは、一般にカタイものだ。

上司の扱い方(?)について、IDEA HACKS! 今日スグ役立つ仕事のコツと習慣にヒントとなりそうな考え方が掲載されている。いわく「上司は利用するものだ。」そうだ。なかなか含蓄のある言葉である。



この記事へのトラックバックURL
http://hirotakataki.blog54.fc2.com/tb.php/20-73b5f477
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
新橋系の西内と申します。TB頂きまことにありがとうございます。

ご指摘の通り、アイデアだけではなにも生み出せません。実行フェーズでは、組織レベルでの落とし込みが必要となり、独創的な人数名だけでは物事が進まなくなるかと思っております。

こちらからのリンク張らせて頂きます。どうぞよろしくお願いします。
Posted by 西内伊織 at 2006.08.11 23:01 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。