--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2008.05.03

公正取引委員会、JASRACに立ち入り検査 著作権管理市場を独占の疑い

もう、ずいぶん前のニュースになってしまいますが、JASRAC(日本音楽著作権協会)が、私的独占の疑いがあるとして公正取引委員会の立入検査を受けたという報道がありました。
公正取引委員会、JASRACに立ち入り検査--著作権管理市場を独占の疑い
公正取引委員会は4月23日、独占禁止法違反の疑いで日本音楽著作権協会(JASRAC)に立ち入り検査した。著作権管理市場への新規参入を妨げた疑いがもたれている。
CNET Japan2008年4月23日

ことの詳細については、asahi.comの次の記事に掲載されていました(NET上では既に削除済み)
JASRACは、NHKや民放各局が番組内で流す楽曲の使用料について、流した回数や時間ごとに計算するのではなく、各放送局の年間放送事業収入に1.5%を乗じた金額を放送使用料として徴収する「包括契約」という契約形態をとっている。(中略)
関係者などによると、新規事業者は楽曲が使用されるごとに支払う個別処理方式での契約だったが、JASRACが包括契約方式をとってきたため、放送局は新たなコスト発生を嫌って新規事業者の管理楽曲の使用を控え、作曲家など権利者も新規事業者への楽曲の管理委託をとりやめるなどするため、新規のライバル社の参入を困難にしている疑いがあるという。
asahi.com2008年4月23日

■事案のポイント
  • JASRACは音楽著作権の管理事業という市場において高いシェアを獲得している。
  • JASRACと放送局との間で楽曲使用料に関する包括契約を締結している。
  • この包括契約により放送局側はJASRACの管理楽曲を使い放題。(←いわば、定額制使い放題形式)
  • JASRAC以外の音楽著作権管理事業者は放送局が使用する楽曲について、使用されるごとに支払う個別処理方式による契約。(←いわば、従量課金)
  • 放送局側は、個別の使用許諾の手間を回避するためJASRAC管理楽曲のみを使用する傾向が顕著(←JASRACウマー)
  • JASRAC以外の音楽著作権管理事業者が管理する楽曲は放送に使われない傾向が発生
  • 楽曲の著作権者は、なるべく使ってもらえるJASRACに著作権管理を委託する傾向(←JASRACウマー)
  • JASRAC以外の音楽著作権管理事業者は管理楽曲の使用契約を取りにくくなり、楽曲の管理を受託しにくくなる(←涙目)

このような事実の積み重ねにより、JASRACの音楽著作権管理市場における独占的状態が維持強化されるとともに、多の管理事業者が著作権管理市場から閉め出されているのではないかという疑いがかかったと言うことですね。

この記事へのトラックバックURL
http://hirotakataki.blog54.fc2.com/tb.php/244-f743bc51
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。