--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2008.05.05

船場吉兆、食べ残し料理を別の客に

やっちまったなー!ってのが、この報道に接したときの最初の印象です。
次に脳裏によぎったのが、「これでもう、再起不能かもしれない」という思いです。

皆さんは、どんな印象をもたれますか?
船場吉兆、食べ残し料理を別の客に
牛肉の産地偽装や総菜の不正表示が相次いで発覚した高級料亭「船場吉兆」(大阪市中央区)=民事再生手続き中=は2日、昨年11月の営業休止前まで、本店の料亭で客の食べ残した食事を別の客に再び出していたことを明らかにした。
asahi.com2008年5月3日

残飯の使い回しは昨年11月の営業休止以前に行われていたものである

この記事を読む上で注意しなければならないのは、食べ残し料理を使いまわしていたのは、今年1月の営業再開後ではなく、昨年11月の営業休止前であるということでしょうか。

もちろん、どの時期に行われたのであっても食べ残しの使い回しは、飲食店(まして一流料亭とされている船場吉兆では言語道断ですが)で行われるべきものではありません。
しかし、不祥事がどの時点でなされたものであるかは重要だと思われます。

仮に使い回しが営業再開後になされていたのだとすれば・・・

改善の余地なし ⇒ 存在する意味なし ⇒ 廃業

という流れが当然に想定されますが、そうでないとすれば、必ずしも当然には上記のような流れにはならないんじゃないかと。
ですから、「今年1月の営業再開後はしていない」という船場吉兆側のコメントを信じるとすれば、今回報道された残飯の使いまわしは、昨年11月の営業休止前になされていたものであることを確認しておきたいと思います。

なぜ今になって明らかにされたのか

asahi.comの報道によれば、今回の不祥事は船場吉兆によって明らかにされたとなっています。

なぜ、今頃?

さっぱりわかりません。

企業のコンプライアンスの中には、クライシスコミュニケーションという考え方があるのですが(参考:組織のためのクライシス・コミュニケーション)、今回の不祥事の公表は最悪のタイミングといえるんじゃないでしょうか。

どんな事情があったかはわかりませんが、今このような報道がなされたら、残飯の使いまわしが最近行われたのだという誤解を生むことは間違いありません(現に、わたしは当初そのように誤解していました)。

非難が渦巻く中で、自己に不都合な事実を自ら表明するということは、感情としては難しい(できればやりたくない)ことかもしれませんが、コンプライアンスの観点からは、むしろ再生のための好機と捉えて積極的に開示していくことが合理的だと思います。
消費者の不信は、企業の隠蔽体質への疑いから拡大していくことが多いのですから。

このブログの「船場吉兆」を含む記事

この記事へのトラックバックURL
http://hirotakataki.blog54.fc2.com/tb.php/245-6b4817fe
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
いつもコメントありがとうございます!

わかりにくい文章でスミマセン・・・
営業休止前の出来事のようです。

ただ、なぜかそれを今頃になって公表する・・・というのがなんとも解せないわけです。
Posted by たきもと at 2008.05.05 18:51 | 編集
コメントありがとうございます。

産地を偽るのも、残飯を別の客に出すのも、お客様軽視の経営姿勢から来ているのでしょうかね。

こうして、外食不信ひいては食自体に対する不信が蔓延していくのでしょう。

とても危惧しています。
Posted by たきもと at 2008.05.05 18:37 | 編集
たきもとさん!いつも情報ありがとうございます!

再開後なんですか!?
なんかまた、いいわけしているように聞こえますね!
Posted by 優希 at 2008.05.05 18:12 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。