--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2006.08.16

FirefoxとJapanize~長い目で見ることが必要かも

Firefoxのエクステンションとして14日に公表されたJapanizeについて、少し補足したいと思います。

前日のエントリー:Japanize~英文サイト翻訳の新しい試み

英文WEBサイトを人力で日本語に翻訳し、その結果を自動的にWEBブラウザに表示するため、見た目的には、あたかも最初から日本語で書かれていたように見えるわけですが、それはそのサイトのUI(User Interface:ユーザーインターフェイス)の部分に限定されます。

ユーザーインターフェイス(Wikipedia)

例えば、youtubeでは、画面上部にいくつかのカテゴリをタブ風に表示する部分があって、「HOME」とか「video」などの表示がありますが、Japanizeを導入するとその部分が「ホーム」、「ビデオ」などと日本語で表示されます。
しかし、その英文サイトのコンテンツ部分については、日本語に翻訳されません。

ですから、Japanizeを導入すれば、日本語翻訳に対応したサイトがすべて日本語で表示されるわけではないんですね。


で、そのうちすべてのコンテンツがJapanizeを介して日本語に翻訳される日がくるでしょうか?

このサービスを開始されたkazuhookuさんが、どのような未来を構想されているかは、今のところわかりませんが、ちょっと難しいんじゃないかと思います。
なぜなら、著作権の問題に引っかかってしまうんじゃないかな?と思うからです。
これはJapanizeの技術的な仕組みにもよると思うんですけど(実は、私は根っからの文型人間で、技術的なところがよくわからんのです・・・)、既存のコンテンツを他の言語に翻訳する権利は、著作(権)者に帰属するはずなんですよね。例えば、日本語で書かれている当Blogの文章を、赤の他人が勝手に英語に翻訳して公表したら、いかんのです(ちょっと厳密ではないかもしれませんが、基本的にこういう理屈のはずです)。

まぁですから、現段階でJapanizeに過大な期待は禁物かもしれません。

ですが、私としては、非常に期待感を持って今後を見守りたいと思ってますけどね。
Blogを通じて、新サービスが進化していく様をリアルタイムで見られるなんて、ちょっと感動です。

そういうわけで、現在WEBブラウザとしてInternet Explorer(IE)を使っている方が、Firefoxに鞍替えしてJapanizeを導入したからといって、英文WEBサイトが日本語で読み放題になるわけではないと。

でもね・・・

だからといって、Firefox(とか、その他のタブブラウザ)がお勧めできないわけじゃありませんよ?
特に、WEB上で情報収集しようと思ったら、いろいろ便利な機能がありますし、なによりテーマや拡張機能を追加して、どんどんブラウザをカスタマイズできるので、とてもよいです。

あぁ・・・そのうちFirefoxのTipsでも書こうかな。
興味のある方は、下のリンクをどうぞ。

Firefroxまとめサイト



この記事へのトラックバックURL
http://hirotakataki.blog54.fc2.com/tb.php/25-b85347da
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
>Mieoくん

いつもありがとう。
アドバイスに従って、少しは読みやすい(であろう)文章にしてみたけど、どうでしょう?
堅すぎず、くだけすぎない文章ってむずかしいね。

牛テール・・・暑い夏は牛テールだねぇ・・
Posted by takimoto at 2006.08.17 09:14 | 編集
牛テール・・・ぼそ
Posted by Mieo at 2006.08.16 21:38 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。