--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2008.06.16

ストーカー規制法違反罪・下山被告の弾劾裁判申し立て

ストーカーの恐怖や卑劣さには同情の余地もありませんが・・・

ストーカー規制法違反罪・下山被告の弾劾裁判申し立て
女性にメールを執拗(しつよう)に送ったとして、ストーカー規制法違反の罪で起訴された宇都宮地裁判事、下山芳晴被告(55)について、最高裁は16日、臨時の裁判官会議を開き、国会の裁判官訴追委員会(委員長・臼井日出男衆院議員)に対し、下山被告の罷免を求めて弾劾裁判にかけるよう申し立てた。(中略)
下山被告は甲府地家裁都留支部長だった今年2~3月、山梨県内の20歳代の裁判所職員に対し、恋愛感情を満たす目的で、嫌悪感を抱かせるような内容のメールを16回送りつけたとして、甲府地裁に起訴された。
2008年6月16日YOMIURI ONLINE

嫌悪感を抱かせるような内容のメールがどのようなものだったのかは、まったくわかりませんが、恋愛感情を充たす目的メールを16回送るって、意外と誰でもやるんじゃないかな・・・。

おちおち恋もできませんね。

この記事へのトラックバックURL
http://hirotakataki.blog54.fc2.com/tb.php/251-b3c609c8
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
こんばんは。
コメントありがとうございます。

確かに、公職についている人が何か事件を起こすと大きく取り上げられる傾向がありますねぇ。度が過ぎているのでは?という感覚、よくわかります。

結局、報道機関にとって取り上げやすいんでしょうね。
つまり、そのような報道は一般受けしやすいと思っているような気がします。
ワイドショーなどでも、公務員の不正を特集しているものが多くありますしね。

まぁ、税金を払う立場(われわれ)から見れば、「人の金でメシくってる立場(公職にある人)でナニやってんだ!」という憤りにつながりやすいんだと思います。
ボクもそう思うこと、なくはないですしね・・・
Posted by たきもと at 2008.06.19 19:35 | 編集
瀧本さん

ご無沙汰していました。
この記事、瀧本さんの手記が面白いですね!
メールの内容は分からないから断言はできないけれど、
確かに、好きな人ができて仲良くなりたい場合にメールを16回送ることって、誰にでもありそうな気がしますよね☆なるほど…。
わたしが普段ニュースなど見ていて思うことなのですが、警察官とか裁判官とか教師とか、そういう方々って、何か事件を起こすと大きく取り上げられ過ぎる傾向があるような気がします。確かに、公共性の強いお仕事に就いていらっしゃるから分からないでもないのですが…、犯罪は仕事に関係なくダメなことな訳で…。警察官だって同じ人間な訳で…。何となく、報道のされ方には違和感を感じてしまいます…。
あら、つい長くなってしまいました、スミマセン。
ありがとうございました☆
Posted by にじ色いづ at 2008.06.17 11:42 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。