--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2006.07.12

ローマの休日

「ローマの休日」など1953年に公表された映画の廉価版DVD販売について、東京地方裁判所が決定を下したようです。

ちょうど著作権侵害についての記事を書き始めたタイミングでの報道だったのでちょっと触れてみたいと思います。

結局、この問題の要点は、ローマの休日の著作権者が、その許可なく廉価版のDVDを製造・販売している会社に対して「勝手なことすんな」と主張したところにあります。
これに対する裁判所の判断は、「もう著作権は消滅したので、勝手に製造販売してもいいよ」ということです。

著作者は、著作物を創作した時点で著作権を取得しますが、一定の期間が経過すると著作権は消滅するとされています。

会社が著作権者であれば、基本的に、著作物の公表から50年間は著作権が認められています。
かつては映画の著作物も公表から50年でしたが著作権法が改正されて映画の著作物については70年間に延長されました。
だから、改正前の法律に従えば50年で権利がなくなりますが、改正後の著作権法(現行法)に従えばあと20年は権利が存続することになります。

そこで問題は、ローマの休日などの1953年の作品に改正前と改正後の法律のどちらが適用になるかということです。

映画の著作物の存続期間を70年とする改正著作権法(現行法)の適用を決定する基準は

2004年1月1日に著作権があるかどうか


ですから、1953年作品は改正前の著作権法(存続期間50年)に従えば、2003年12月31日に著作権が消滅しており、2004年1月1日の時点では著作権がなくなっていると、普通なら考えるところでしょう。
裁判所はこのような理屈を展開したようです。

ところが、権利者側は

2003年12月31日の午後12時と2004年1月1日午前0時は同じだから、新年の午前0時の瞬間には、まだ著作権が存続している

と主張したようですね。

そりゃ無茶だろう・・・と、私などは思ってしまいますがどうでしょう。

この記事へのトラックバックURL
http://hirotakataki.blog54.fc2.com/tb.php/3-b18eb014
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。