--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2006.10.10

Youtubeをめぐる最近の動き

最近、Youtubeをめぐる動きが活発になされているようだ。
例えば、昨日の報道。

米グーグル、2000億円でユーチューブ買収

 米グーグルは9日、動画投稿サイト運営のユーチューブを16億5000万ドル(約2000億円)で買収すると発表した。利用者が急増する動画配信をテコにインターネット広告収入の増大をねらう。両社はそれぞれテレビ局やレコード会社との提携も発表。動画配信とこれに付随する広告ビジネスが本格的な普及期に入りそうだ。
NIKKEI.NET 2006年10月9日


GoogleがYoutubeの盛り上がりに着目したのは当然であり、なんら不思議はない。おそらく視聴者側も、Youtubeの視聴画面にGoogleの広告が掲載されたとしても、ほとんど違和感を持たないだろう。また、2000億円という買収額もそれほど驚くほどの額ではない。すぐにでも投資額の回収ができるだろう。

問題は、YoutubeにUPされている大量の著作権侵害動画だろう。Youtubeは著作権法違反を理由にいくつかの訴訟を提訴されているようだ(ZD Net2006年7月18日英文記事)。

Googleは、著作権法違反動画がYoutubeに大量にUPされている状況をどのように評価したのだろうか。まぁ、GoogleがYoutubeを買収したといっても、株式交換によるものであるからGoogleとYoutubeとの間に資本関係ができるだけであって、Youtubeの運営は独立会社としておこなうようであるから、Googleにとっては株主としてのリスクを負うにとどまるからいいのか。

なお、株式交換とは・・・

株式交換(Wikipedia)
また
株式交換とは、株式会社がその発行済み株式の全部を他の株式会社または合同会社に取得させることをいう。
ビジネス実務法務検定試験2級公式テキスト〈2006年度版〉


Youtubeが、今後違法動画排除のためにどのような措置を講じていくのかは気になるところではある。

ただ、少なくとも日本においては(というか、筆者の周りの人たちの中では)、著作権法違反コンテンツが大量にあるからこそ、Youtubeを利用しているといった状況にあるようだ。これを完全に排除することは、まぁ不可能であるだろうが、仮にそれが実現したら、日本におけるYoutubeの利用は著しく減少するんじゃないか?

まぁそのあたりのバランスを取った解決策がいろいろと採られているようだが、それはまた後ほど。

YouTube 動画共有サイト完全攻略ガイド
YouTube 動画共有サイト完全攻略ガイドアスキー書籍編集部

アスキー 2006-08-02
売り上げランキング : 16160
おすすめ平均star


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

この記事へのトラックバックURL
http://hirotakataki.blog54.fc2.com/tb.php/61-fd9cce97
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。