--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2007.02.28

ウィキペディア頼み、誤答続々 米大学が試験で引用禁止

大学生が学部試験向けの情報収集をする方法もずいぶんと変わったもんですね。
最近の学生は、試験対策としてwikipediaを利用しているようで。
日本史を教えるニール・ウオーターズ教授(61)は昨年12月の学期末テストで、二十数人のクラスで数人が島原の乱について「イエズス会が反乱勢力を支援した」と記述したことに気づいた。「イエズス会が九州でおおっぴらに活動できる状態になかった」と不思議に思って間違いのもとをたどったところ、ウィキペディアの「島原の乱」の項目に行き着いた。
asahi.com 2007年02月23日02時59分

思い返せば、私の学生の頃の試験対策といえば、もっぱら「模解(もかい:模範解答の略)」の収集がメインでした(まったく、不真面目な学生だよねw)。ワタシの行っていた大学では、学部試験に出題される問題のパターンがある程度決まってまして、大概の過去問題については、諸先輩方の作成による模解が出回っていたんです。試験直前になると、われわれのような「マジメな学生」は、その模解を求めて奔走することになるわけ。

ところが今は、この模解の代わりにwikipediaを活用するらしいですね。まぁ当時、今のような環境があればワタシもきっとそうしてたでしょうけどw

ただ・・・

wikipedia内の記事は、不特定多数の者によって編集されています。その正確性は制度的に担保されていないんですね。
学部試験の準備のために、wikipediaを活用することはかまわないと思います。っていうか、そのほうがきっと効率的でしょうね。
でも、そうするのであれば、そのwikipediaの誤りについても学生が責任を持つべきじゃないですかね。

ワタシの時代だって、模解が必要十分かつ正確な情報だと思っていたわけではありませんし、模解の内容が誤っていたために、試験で「不可」をとってしまったとしても、誰を恨むでもなかったような気がします。まさに自己責任の世界。

ところが、上記記事で報道されている米国バーモント州のミドルベリー大学では、さらに突っ込んだ措置を決定したらしい。
米バーモント州にある名門ミドルベリー大学の史学部が、オンラインで一定の利用者が書き込んだり修正したりできる百科事典「ウィキペディア」を学生がテストやリポートで引用することを認めない措置を1月に決めた。
(中略)
同大史学部では1月、「学生は自らの提供する情報の正確さに責任をもつべきで、ウィキペディアや同様の情報源を誤りの言い逃れにできない」として引用禁止を通知した。ドン・ワイアット学部長によると、「同様の情報源」とはウェブ上にあって多数の人間が編集することができ、記述の正確さが担保できない情報源を指すという。

そもそも、「引用を認めない」とは、どういうことなんでしょう。

日本の著作権法で考えてみますと、引用は、一般に他の著作物の全部または一部を、他と明確に区別できる形式で流用し、かつその出展を明らかにすることといえます(引用については記事の「引用」についても参考にしてください)。学生の作成するレポートなどにこのような形態の引用がなされることもあるんでしょうけど、答案に出展を明示するってありますかね?

翻って考えてみると、私もよくすることですけど、ブログ中の用語について、wikipediaにリンクすることはどうなんでしょう。また、trackbackによる他ブログへのリンクは?

これらWEB上のツールも、上記記事に照らせば、「記述の正確さが担保できない情報源」ということになるんでしょうね。ただ、正確でない内容の記述が含まれるものを、それと知りながらリンクするということはないつもりです(少なくとも、事前に検証した上でリンクを貼っているつもり)。

ただ、以前PLCに関する記事(コンセント利用の電力線ネット、解禁へ 天文学者ら反対)で起きたことですけど、そもそも一般紙などでも、必ずしも正確ではない記事が公表されることがあり、その誤りをブロガーが指摘することによって初めて誤りが判明することはあります。

WEBでは、判断の基礎となった情報をsource(ソース)として明示することが暗黙のルールとなっています。それによって、ある主張が独善的ではなく、一定のsourceに基づいていることを示すことができますし、もし誤りがあればそれを議論することも可能となるんですね。その意味では、ブロガーも学生も異なることはないといえるんじゃないかな。

必ずしも、意味が明確ではありませんが、「引用を認めない」措置はちょっと行き過ぎた措置であるような気がしてなりません。

もっとも、「書いてあることをそのまま信じてしまう」学生というは、もっと問題ですけどね。大学というところは、物事を批判的に見る目を養う場だと思いますし、いわゆる「ウラをとる」ことは社会人としては最低限のことですしね。

この記事についての他のエントリは↓
蒼猴軒日録
SHIN-PON DIARY。
八ミツれもん:三鷹自転車区

この記事へのトラックバックURL
http://hirotakataki.blog54.fc2.com/tb.php/79-45d122c4
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。