--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2007.04.02

面倒な入力作業をスクリプト化、IBM、Firefox用記録プラグインを開発中

ワタシは、このI'll beというブログをニュース系の情報発信サイトといった位置付けで捉えている。エントリを作成するときに気をつけているのは、ニュースのソースの明示のほか、同じテーマの他のブログがあれば、それを可能な限りご紹介するという点である。これによって、何か調べ物をするときにGoogle等で検索した結果、このブログを訪問された方々が、「ほかに同様の記事がないか?」と再びGoogleの検索結果に戻って探し回ることなく、ある程度の情報を収集できるようになればと思っている(実際は、なかなか・・・難しい)。

そのため、気になるニュースがあれば、そのキーワードについて、TechnoratiBlogPeopleなどのブログ検索サイトを利用して、他のブログで同じテーマを扱ったエントリはないかを検索している。

しかし、この作業は意外と面倒で時間がかかる。
WEBサイトの閲覧やブログの更新は、以前からご紹介しているとおり、FIREFOXというブラウザで行っているが、まずニュースサイトの記事をタブで開き、その後、当ブログの新しい記事を書くページを他のタブで開き、その上で、先ほどのブログ検索サイトを複数のタブで開き、その検索結果についてまた多くのタブを開き・・・と、これを読んでいるだけで「めんどくせ」と思ってしまうのではないだろうか。

このような面倒な作業をある程度自動化してくれる(のではないかと期待させる)サービスがIBMによって開発されているようだ。やや長いが、CNET Japanの記事を引用させていただく。

サンノゼ発--IBMのAlmaden Research Labは、フォームへの入力や料金の支払いといったウェブ上で繰り返し行われる作業の自動化を支援するため、ハウツー知識版Wikipediaともいえるツールを開発している。
カリフォルニア州サンノゼにあるAlmaden Research Labの開発者、Tessa Lau氏は今週、カリフォルニア州サンディエゴで4日間の日程で開催されているETechカンファレンスで、 Koalaと呼ばれる技術のデモを行った。Koalaは、Firefoxウェブブラウザ用プラグインだ。
(中略)
Koalaの機能は以下の通りだ。まず、Firefoxブラウザの左側のウィンドウ枠にKoalaプラグインが表示される。同アプリケーションは、ユーザーがブラウザ上で実行した作業を記録し、小さなプログラミングスクリプトを作成する。そして、Koalaのウィンドウ枠内に表示する。
 一例として、仮にあるユーザーがサンフランシスコの新築の家を購入しようと考え、最初に米国の公的物件情報データベースMultiple Listing Service(MLS)サイトにアクセスしたとする。すると、Koalaはハウツープロセスの第1段階として、そのウェブサイトを記録する。次に、そのユーザーがMLSの入力欄に希望する物件の条件を入力すると、Koalaはスクリプト全体に各記入欄の内容を記録する。仮に、最初に(価格が100万ドルで寝室が2つといった)特定の条件で検索したが、その条件に合致する物件が少なかった場合、ユーザーはKoalaが作成したスクリプト内の記入欄に書かれた条件を変更すれば良い。そうすれば、わざわざユーザーが検索を再度行わなくてもKoalaが自動的に行ってくれる。
文:Stefanie Olsen(CNET News.com)
翻訳校正:編集部
CNET Japan2007/03/30 16:59

要するに、FIREFOX用プラグインであるkoalaが公開されれば、ワタシがせっせと行っている上記のような作業を自動化するスプリクトが生成され、以後、そのスクリプトによって、自動的にほしい情報が収集できてしまうということか。まさにボタンひとつで楽々情報収集だ。

ただ、これが一般化してしまうと・・・このブログのようなニュース系情報発信ブログは、あまり意味を成さなくなってしまうのだろうか・・・ちょっと複雑である。

それはさておき、このkoalaを開発しているチームは、このように作成されたさまざまなスクリプトをwikipediaのように公開して共有できることまで考えているという。これは、WEBを利用して行う情報収集作業をスプリクト化し、同様の作業を行おうとする第三者がそれを利用できるとすれば、社会全体の作業効率の向上という意味で、意味のあることであろう。
ただし、これは一面において非常なリスクをはらんでいるように思える。例えば、いわゆる「悪意あるウェブサイト」に導くようなスクリプトが公開された場合、どうなるのであろうか。まだ、このkoalaは一般公開されているものではないため、むろん開発者サイドもこのような問題点に留意しながら開発を進めているのであろうが・・・。Google Desktopの時のような問題(過去エントリ「グーグル、Google Desktopの脆弱性を修正--データ盗難を誘発する恐れ 」)が、一般公開されたあとに出てこなければいいが・・・。

FireFoxに関する当ブログ(I'll be)の他のエントリについてはコチラ↓
FireFox

この記事へのトラックバックURL
http://hirotakataki.blog54.fc2.com/tb.php/83-0d43f3b7
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
>ひめさん

メーカー系のひととの合コンって、どうなんだろう。
結構独特な人が多そう(偏見)。
あ、でもあれだ。知り合いの精密部品メーカーの役員の人は、すごく頭の回転が早くて尊敬できるなぁ。これは合コンの話じゃないけどもw

>パワフルウーマンさん
リンクありがとうございました。
パワフルウーマンさんのブログはとても元気の出る内容で、以前からちょくちょく覗かせてもらってまして。いつかリンクのお願いをしようと思ってたんですよ。本当にありがとうございます。

IT以外の記事もありますので、お暇なときでもいらしていただければと思います。
Posted by たきもと at 2007.04.05 16:43 | 編集
瀧本さん、こんばんは~パワフルウーマンです。
まだ覚えててくれてたんですねぇ。しかもリンクまでありがとうございます。私の方もリンクさせていただきますね。
私IT系はダメなんで、まずはこのブログで勉強させてくださいね~。宜しくお願いします。
Posted by パワフルウーマン at 2007.04.04 22:57 | 編集
何度かIBMとコンパやったけど楽しかったよw
Posted by ひめ at 2007.04.04 22:47 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。