--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2007.04.13

「携帯でマンガを読む」について。

4月4日のエントリにて、デジタルコンテンツとしてのマンガは、携帯で見られるとよい。といった内容を書いたが、これに関連して、WEB2.0的漫画進化論というブログで、「なるほど」と思われる記述があったのでご紹介したい。

やっぱり漫画は見開き全体として構図やコマの配置を考えるのが基本なので
ヒトコマづつということになると漫画の特徴がなくなってしまう。
コマの大きさや形なども表現において重要な部分なため
そこを削るとなるときついね。
「うらやましい携帯小説」WEB2.0的漫画進化論


確かにおっしゃるとおりで、現在の携帯電話の解像度で、マンガの見開き1ページを一度に表示することは不可能であろう。かといって、1コマずつ表示させ、それをスクロールするのではめんどくさくてたまらない。

やっぱり紙媒体に、勝るものはなかなか出てきませんなぁ。

この記事へのトラックバックURL
http://hirotakataki.blog54.fc2.com/tb.php/85-586951c4
この記事へのトラックバック
ディスプレイの進化ってすごい。 いつの間にこんなものが。 コントラスト比は100万:1って俺んちの液晶テレビがゴミの様だ・・。 有機EL、FEDも登場! Display 2007展から見る最新ディスプレイ事情 http://japan.cnet.com/news/tech/story/0,2000056025,20346887,00.htm
新しいモバイル媒体 | WEB2.0的漫画進化論 at 2007.04.14 02:17
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。