--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2007.08.25

MS Officeについて(後編)

さて、前回のエントリのつづき。

MS Officeの製品版とOEM(DSP)版の違いをそれぞれの使用許諾契約書から整理してみましょう。

【製品版】Microsoft(R)Office XP Standard(アップグレード)

  • ソフトウェアのコピー1部を【特定のコンピュータ(例えばデスクトップPC)】にインストールして使用することができる。

  • さらにコピー1部を【携帯用デバイス(ノートPC等)】にインストールして使用することができる。

  • 上記ノートPCは、デスクトップPCの所有者が専用に使用するものでなければならない

さらに、製品版については、既にインストールしてあるPCから新しいPCにインストールし直すことができる。その際には、旧PCからOffice製品をアンインストールしなければならないようです。

【OEM版】Microsoft(R) Office XP Personal

  • ソフトウェアのコピー1部を【本ソフトウェア製品と共に入手した特定のコンピュータにのみ】インストールして使用することができる。

  • 上記PC以外にインストールすることはできない。


つまり、OEM版は例えば購入したPCなどにバンドル(同梱)されているモノといえそうです。このようなOffice(OEM版)は、そのPCを使用し続けている限りは、何の問題もなく使用できますが、新しく購入したPCに旧PCにバンドルされていたOffice(OEM版)をインストールして使用することはできないわけですね。

ところが、このOffice(OEM版)。
Officeの旧バージョン(Office2003やXP)は、製品版の半額以下で販売されているようです。

販売している側の違法性は、使用許諾契約書に、ソフトウェアの譲渡についてどう書いてあるかによるのですが、購入する側について考えてみると・・・

購入したOffice(OEM版)を、購入者のPCにインストールすること自体が使用許諾契約書に違反することになりそうです。

これは完全に利用者側のリクツなんだけど、Office(製品版)の価格は、市場に出回っているOffice(OEM版)ぐらいの価格まで落とすべきだと思います。
製品版の価格がどのような理由であんなに高止まりしているかはわかりません。むろん、マイクロソフト社があのような価格を販社に強制しているわけではないと思いますが(もしそのような事実があれば、それは独占禁止法違反になる可能性が高いです。)、その価格が市場の支持を得ているとは、どうも思えないのですね。

とはいえ、これって単なる貧乏人の主観的な意見なのかもしれませんけどね・・・。15k~20kぐらいが適正な価格のような気がしてなりません。

この記事に関連する他のブログエントリは↓コチラ
つれづれなるままに」byはぐれ雲のごとく

この記事へのトラックバックURL
http://hirotakataki.blog54.fc2.com/tb.php/94-9d4d60f4
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。