--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2007.08.26

ScribeFireの設定@FC2

昨日に引き続き、Firefoxを使ってブログ記事のエントリを効率化できるアドオン、ScribeFireについて。

ここでは特に、FC2ブログへの記事投稿にScribeFireを活用するための設定方法をご紹介します。

ScribeFireのインストール・設定の前に、まだFirefoxを使っていない人は次のリンクからFirefoxをインストールしましょう。特にInternet Explorer(IE)を使っている人は、いますぐIEを窓からぶん投げてFirefoxをインストールしたほうがいいかもしれませんw

Firefoxのインストール

次に、ScribeFireをインストールしてください。なお、再起動をしなければインストールは完了しないので注意です。

Firefoxの再起動後、ウィンドウの右下にScriptFireのアイコン()が現れていれば、インストールは成功です。

なお、このままではScribeFire上の表記は英語になっています。このままでもナントカなるでしょうが、日本語化ツールが作成されています。ありがたく使わせていただくことにしましょう。

ScribeFire(以前 Performancing と呼ばれていたもの) 日本語化」 by SION氏

さっそくScribeFireを起動してみましょう。ウィンドウの下半分にブログ記事の編集画面が現れたかと思います。これでウィンドウの上半分でWEBサイトを参照しながらブログ記事の作成・編集が可能になります。

ただ、その前にScribeFireからFC2にエントリをアップできるように設定しなければなりません。

FC2用のScribeFireの設定をご紹介します。

  1. ScribeFireの設定画面の起動
  2. ScribeFireを初めて起動すると、画面右側に"Launch Account Wizard"というボタンがあると思います。それをクリックするとアカウント情報を設定するWizardが開きます。はじめにブログのURLを入力するよう促されますが、ここはほっといて、その下の"Custom Blog"(手動設定)ボタンをクリックします。

    次のブログシステムの選択画面では、残念ながらFC2がありませんので、"Custom Blog"(自分のブログ)を選択して次へ。

  3. APIのURL入力欄
  4. 次の画面では、上部でブログシステムを選択する欄がありますが、そこは"WordPress"のままでいいようです。そして、下部に"Server API URL"(APIのURL)と書かれた入力欄がありますので、そこには次のように入力して次へ。

    http://blog.fc2.com/xmlrpc.php

    ワタシは最初、ココに何を入力していいのかわからずに結構悩みました。

  5. アカウント情報の入力
  6. 次はFC2のアカウント情報を入力します。FC2ブログ(またはFC2 ID)に登録したときのメールアドレス及びパスワードを入力します。次へ進んでFC2ブログにログインできれば成功です。

この記事へのトラックバックURL
http://hirotakataki.blog54.fc2.com/tb.php/96-74609e7e
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。